薄毛・AGAの治療情報サイト

AGAリサーチ

薄毛治療

発毛治療における幹細胞の成長因子と効果

更新日:

AGAの治療に関しては、フィナステリドとミノキシジルが世界で効果が認められ、実証されている発毛剤です。専門クリニックでも、こ2つの発毛剤を中心に据えて、医療の立場から薄毛治療に取り組んでいます。
多くのクリニックでも、いまAGA治療はフィナステリドとミノキシジルを用いたものが中心となっており、基本的にほ専門のクリニックと同じです。しかし、治療方針・方法や薬の処方など、細かいところではかなりな差異があります。それが結果的に、一般には聞くことのない不満の声 では 「半年も通ったけど、あのクリニックでは治らなかった」「あなたのような薄毛タイプは治りませんといわれてしまった」「髪が生えてきたけど、副作用がひどくて治療を中止したら、元の薄毛に戻ってしまった」……になっているのです。専門クリニックでの発毛実感率は99・4%に達します。これは2011年5円~2013年1月に治療を6ヵ月間継続した患者400人を対象に実施したアンケート結果より算出しました。効果には個人差がありますが、他の追陳を許さない数値となっています。
専門クリニックでは、患者さん一人ひとりの症状や進行状況、生活習慣などに応じた治療を進めています。「発毛」はもちろんのこと、いまある髪の毛を大切に守りながらもっとしっかりとしたコシのある髪の毛に育てていく「育毛」も同時に行っています。とはいえ、AGAに悩む人にとって初期の課題が発毛にあることは論をまちません。どうしても発毛に力を入れて患者さんに1日でも早く喜んでもらいたいという気持ちで取り組んでいます。

オリジナルの発毛薬リバース
専門クリニックでは、オリジナルの発毛薬リバースを処方して治療にあたっています。
日本人の薄毛のメカニズムを徹頭徹尾研究し、薄毛をなんとか治したいという強い信念をもって開発した発毛剤です。失敗・改良・失敗・改良……を繰
り返すなかでやっとたどり着いたもので、いわば執念がつくりだしたといっても過言ではありません。
フィナステリドとミノキシジルが主成分ですが、この2つの成分は発毛効果のある成分として世界中で認められている薬品です。そのほかにアミノ酸やビタミンをバランスよく配合し、髪の毛に栄養を与えると同時に、薬理作用の柑乗効果を利用してつくり上げた画期的なオリジナルの発毛薬です。
また、焼成カルシウムとドロマイトの特許成分を使用することで、発毛に必要な有効成分を速やかに体に吸収できるよう仕上げました。使用している成分は、基準をクリアした最高ランクのものぼかりで、安全性には絶大な信頼を置くことができます。UsPとは、アメリカの独立非常和団体で、180年以上にわたって製薬の品質・安全基準を定め、厳しいテストに合格したものだけに認定マークを付与しています。
含まれるフィナステリドは、5Gリダクターゼ還元酵素の働きをブロックして、男性ホルモンの一種であるテストステロンがジヒドロテストステロン一D
HT)へ変換されるのを阻害します。AGAの最も大きな原因として考えられるテストステロンが頭頂部から前頭部の毛乳頭細胞に入り、5Cリダクターゼによって悪玉脱毛ホルモンと呼ばれるDHTに変換されます。さらにこのDHTがトランスフォーミング増殖因子の産生を促し、毛乳頭細胞が傷害されてAGAの症状があらわれる原因を引き起こすのです。
ところが、リダクターゼを阻害しDHTの産生を抑することができるため、AGAが改善されていくのです。
また、オリジナルりキッドに配合されているミノキシジルは血管を拡張させて血流を増加させることで、髪の毛の成長に必要な栄養分をより多く、しかも直接毛母細胞の毛乳頭に届けることができ、それが毛根の発毛力を高め髪の毛の成長を早める働きをします。フィナステリドは日本でも認可されているため、医療機関ならどこでも処方することが可能です。
しかし、ミノキシジルほ日本では外用薬としてしか認可されていません。内服することは認められていないのですが、だからといってそれが違法薬物ということとは違います。あくまでも国の医薬品副作用保護制度からは除外されているという意味で、
もし所有するなら、各医師の責任のもとで処方してくださいとされています。アメリ力をはじめヨーロッパ各国でほミノキシジルの内服は認可されていますが、万が一なにか重篤な創作用が起きても、厚生労働省は責任をもちませんよと、宣言しているのです。
日本では未認可ですが、AGA治療で重大な副作用があったという報告は、ありません。もし、不幸にしてなにか不具合が生じた場合、その全責任は医師がとることになっているのです。
今までの育毛剃・発毛剤と大きく異なるのは、飲みやすいタブレットタイプ内服薬と直接頭皮に塗布するりキッドタイプ外用薬を併用していることです。
患者さんの薄毛の症状や進行状況などから最も適したものを処方して、驚くべき発毛効果を生み出しています。
タブレットで体の内側から発毛しやすい環境を整え、さらにリキッドで直接毛根に発毛促進を働きかけることが可能です。体の内側・外側から同時に薄毛を改善する画期的なのです。

美容外科の技術を最大限に生かしたAGAセラピー
このほかに行っている治療法にAGAセラピーがあります。AGAメソセラピーは、注射器を使って頭皮に直接、オリジナルの発毛カクテルを注入します。これによって有効成分を早く、適切な場所に浸透させることが期待できるのです。男性ホルモンバランスの乱れやストレス、栄養不足など、薄毛やAGAの原因はさまざまに考えられます。しかし、原因にかかわらず共通しているのは、発毛成長因子が不足することで毛髪の成長シグナルが止まり、ヘアサイクルが乱れてしまうということです。
発毛カクテルはミノキシジルのほかに発毛成長因子として、インスリン様成長因子を強化し、毛根を刺敵して健康な髪を育てるFGF線維芽細胞増殖因子。頭皮の血流を促進し毛包を活性化させるVEGF 血管内皮増殖因子、毛包に栄養を与える新生面管の形成を促すなどをブレンドしています。

有効成分がたっぷりと含まれた発毛カクテルを頭皮に直接注射器で注入していますが、頭皮に注射と聞くと、「痛いんじやないの?」と思われるかもしれません。しかしAGAセラピーは、まず、注射をする部位に冷却器具の丸い金属部分をあて、頭皮を冷却することで痛みを軽減します。冷却器具の温度はマイナス4~0度で、皮膚の感覚を一瞬に麻痺させている間に、発毛カクテルを注入するので、痛みを緩和することができるのです。AGAセラピーの役割は、不足している発毛成長因子を補完し、止まってしまった成長シグナルを正常に戻すことにあります。発毛成長因子を補完するこの方法は、現在もっとも有効な薄毛対策として全世界で注目を集めています。また、AGAメソセラピーは、発毛薬との相性を考慮して開発されたものです。

夢の未来型治療法「AGA幹細胞再生治療」
私たち人間の細胞をつくる幹細胞を培養する際に、幹細胞からf出される幹細胞成長因子を用いた発毛医療です。人間は60兆個の細胞でできています。その細胞を生み出す細胞の基となる細胞が幹細胞です。幹細胞が新たな細胞を生み出すときに、自分と同じ分身の幹細胞とその他の細胞に変化しながら分裂を繰り返し、細胞を増やしていきます。幹細胞を体内に入れることによって傷んでいる部位に幹細胞が集中し、修復作業を始めるのです。
いわば人間の治癒力め源が幹細胞ともいえます。
現在、幹細胞自身についてあらゆる治療が研究されていますが、一般の方に手が届く金額で提供されていません。その点、幹細胞成長因子を用いた治療は比較的安価で取り入れやすく、継続治療が可能となりました。
ヒト由来の生きた幹細胞成長因子が体内に浸透しやすいように開発されたオリジナルの噴射器を使用します。幹細胞成長因子と、ミノキシジルなどの発毛・育毛有効成分を配合オリジナルカクテルを頭皮へ噴射し、有効成分を肌内部へと浸透させる方法です。頭皮にまんべんなく噴射するだけで、注射器は一切使用しないので痛みも全くないのが特徴です。
実際の治療効果としては、
毛包の成長を活発にするとともに毛包を保護する
有効成分の働きを保護し真皮層まで浸透させる
育毛や毛包のDNA合成を促進する
細胞バランスおよび毛包内部の防御を保持する
健康な頭皮のための構造と機能をもたらす
上皮毛包の相互作用および漏斗部の管形成に必要な真皮間葉菜の柑互作用に必須の毛周期を正常な状態に戻すよう促す
毛髪を生物学的に制御し育毛の促進・毛包および毛髪の増量に働く、ことが大いに期待できます。
当院での治療法を最大化するオリジナル発主薬を使ったAGAメソセラピーとAGA幹細胞再生治療の3つになります。それぞれの治療法を組み合わせ、さらに併用することで柑乗効果が生まれ、発毛効果を最大限に引き出すことができるのです。
当院のAGA治療は、早い患者さんだと約1ヵ月で治療効果を実感される方がいらっしゃいます。4~6力用後の調査では、99・4%もの方が発毛効果を実感していただいています。
AGA治療にあたって心がけているのは、
いかに早い段階で髪の毛を生やすことができるか
薄手の悩みをどれだけ早く解決できるか
という患者さんの思いにどう応えるかです。これは、スタッフ全員に共通する願いにもなっているのです。

-薄毛治療

Copyright© AGAリサーチ , 2018 AllRights Reserved.