薄毛・AGAの治療情報サイト

AGAリサーチ

薄毛治療

日本皮膚科学会におけるフィナステリドとミノキシジルの効果ランク

更新日:

発毛治療の決定版

「自毛植毛」のところでも簡単に触れましたが、日本皮膚科学会で2010年4月に男性型脱毛症の診療ガイドラインを発表しました。これは、世間にはびこる科学的根拠に乏しいと思われる育毛剤や育毛サロンが引き起こす金銭トラブルや健康被害が多発したことにより、その被害や問題を壊滅する目的で出されたものです。医薬品メーカーやクリニック、ヘアサロンに通達を出し不透明だった業界イメージを払拭する効果をもたらしています。
このガイドラインの大きな特徴は、治療の方法の有効性などの観点から5段階の推奨度に分けていることです。多くの病院での臨床データや大学での研究論文などが考慮されて、この5段階の推奨度を決めているのです。いわぼ、発毛に関して科学的根拠に基づいて精密に分析した結果といえます。

5段階に分かれる治療法
現在、この男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインは治療の指針として多くの病院で参考にされ、さらには患者さん自身が治療法を選ぶときの参考にもできるものです。ガイドラインに制定されている治療方法のなかで一番推奨されているのが、Aランクに分類されている治療方法です。Aランクとは行うよう強く勧められるもので、多くの病院やクリニックなどでも積極的に使用されている診療方法です。
このAランクの診療方法としてはフィナステリドがあります。薄毛に対する効果や服用した際の副作用などが厳密に研究された結果、男性の患者に対する推奨度がAランクと判定されているのです。また、「ミノキシジル外用」による薄毛治療もガイドラインではAランクです。
このAランクより推奨度が1ランク下になるのがBランクに分類されているもので、行うよう勧められるしものです。Aランクのように強くほ勧められていないものの、一定の信頼度があります。このBランクに分類されている診療方法としては「自毛植毛」があり、自分の毛を使用するため免疫反応の面からも安全性が評価されています。直接自毛を植えつけるため、薄毛に対する効果も高いものであると認定されているのです。
これらAランクやBランクは効果が高く、安全性も担保されているので推奨されています。これらのものよりも安全性や効果がまだ十分に確認されていないものほ、より低いランクになっています。
Bランクより下になるのが、C1です。行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がないものがここに分類されます。c1ランクの治療方法にサイトプリン・ペンタデカン外用や塩化カルプロニウム外用、アデノシン外用などがあります。
clランクよりさらにもう1段階下がるのがc2ランクです。根拠がないので勧められないもので、治療方法としてはセファランチン外用などが含まれます。
さらにc2ランクより効果や安全度が低いものほ一番下のDランクに分類されているのです。「行わないよう勧められる」ものとされますが、「行ってはならない」と同義だと考えて差し支えないでしょう。このランクに分類されている治療方法としては、「人工毛による植毛」があり、また「ブイナステリド内服」は女性の治療方法としてはこのDランクに属しているのです。
それでは、医学的にお墨付きを与えられたAランクの治療法とはどんなものなのでしょうか。

最強のAランクの治療法は
AGA治療薬として、日本皮膚科学会が最高のAランクに評価しているのがフィナステリドとミノキシジルです。日本国内だけでなく世界各国でも評価は高く、一般に広く用いられています。いわば、世界標準の治療法となっているといつても過言ではありません。
フィナステリドやミノキシジルというのは薬効成分の名称で、商品名としては、フィナステリドがプロペシア。ミノキシジルがリアップ(大正
製薬)とい商品名で販売されています。

フィナステリドとミノキシジルですが、フィナステリド内服薬として錠剤で服用し、1日1錠が基本です。ミノキシジルは頭皮に薬液を塗布して使用する外用薬です。フィナステリドはDHT(脱毛ホルモン)の生成を抑えることで、抜け毛を防ぎます。ミノキシジルは頭皮に直接塗布することで血行を促進し、発毛を促す物質を分泌させます。いわばフィナステリドが体の中から、ミノキシジルが体の外から働きかけることになるのです。
ところで、フィナステリドを外用薬として使用することはありませんが、ミノキシジルは外用薬だけでなく内服薬としても処方されることがあります。

-薄毛治療

Copyright© AGAリサーチ , 2018 AllRights Reserved.