薄毛・AGAの治療情報サイト

AGAリサーチ

薄毛治療

AGAの治療とカツラで薄毛の髪の毛を無くしてしまう危険性

更新日:

薄毛対策としてカツラがあります。人毛や人工毛を装看して薄手の箇所を覆い隠す方法で、古代エジプトの遺跡からカツラをかぶったミイラが多数出土しています。ルイ6世時代のフランスやビクトリア朝時代のイギリスなど、カツラをかぶることが権威の象徴とされた時代もありました。
かつてはカツラというと、生え際が不自然だったりして「バレる」などで「ズレる」「飛ぶ」、見た目に「違和感がある」など、どちらかというとマイナスイメージが強かったのですが、現在のカツラは昔とは比べものにならないほど進化し利用者も増えています。
生え際ほ化学樹脂製の人工皮膚でわかりにくくつくられ、裏側を両面テープで固定。頭頂部の左右と後頭部にある止め具で自毛を挟んで固定します。生え際は皮膚となじんでわかりにくくなっていますが、カツラと自分の頭皮には多少の隙間があり、さわると段差があることがわかります。
また、広範囲を覆い隠すだけでなく、髪の毛の薄くなった部分だけ着用する部分カツラ(ヘアピースともいいます)もあるのです。装着方法も多様で、自宅部分にピンで止めたり、ネット状のものを編み込んだり、薄毛の部分の形に合わせてオーダーメイドでつくるものなど多種多様です。
カツラ用の毛髪は人の毛を使用したり、大毛よりもすばらしいといわれる人工毛髪で、キューティクかも自然な自宅になるべく近づけた色や太さなどを選べるようにもなりました。昔のように「あの人、カツラだよね?」などと噂されるようなことはずいぶんと減っています。さらに、近年ほ男性だけでなく、女性にも使用者が多く、ウィッグと呼ぶことで、カツラへの抵抗感をもたない人も増えてきました。
平成25年度の第112回の日本皮膚科学会総会では、カツラやウィッグを着用することで、薄毛が原因で失ってしまったやる気や積極性・自信が改善することが明らかになったと発表しています。実際にカツラやウィッグを装看して外見に対する満足度が高い人ほど、気持ちが前向きに積極的になり、活力を増進する効果があると考えることができるのです。
円形脱毛症で症状がひどく、患部が拡大していたり、外傷などで髪の毛の一部を損失してしまったり、あるいは抗ガン剤の副作用などで髪の毛が抜けてしまった患者さんには、「医療用」のカツラが多用されています。医療用と一般のカツラとの区別はありませんが、生活の向上のために、積極的にカツラを導入する医院や医師も増えてきています。

Oカツラも万全でほない
見た目がとても自然になり、つけたその瞬間から髪の毛がフサブサの頭になることができるカツラですが、デメリットもいくつかあります。
カツラはピンからキリまでありますが、質のよいものであればあるほど価格は高くなります。某大手メーカーのカツラは、スペアと2個セットで平均して50~60方円程度です。そのうえ、2~3年で人工毛が痛んでしまうので、数年で買い替えなければなりません。
さらに、維持費もかかります。専用のシヤンプーやコンディショナーが必要です。カツラの毛は伸びることはないのですが、自然な見た目を維持するには定期的に整髪しなければなりません。ジェル、ミスト、ハードタイプのスプレーなどカツラに使用するのは避けるようにします。これらのハードタイプのセット剤の成分は糊や樹脂成分が多く含まれているので、カツラの毛を傷める原因になるのです。
ところで、カツラをつける人の悩みは、いつからつけ始めるのかというタイミングです。
昨日まで薄毛だった人が、翌日にいきなりフサブサの髪の毛であらわれるのはかなり勇気が必要です。カミングアウトしているのと同じ気持ちかもしれません。さらに、一度つけ始めるとフサブサのイメージが周囲に定者し、今度はなかなか外すことができなくなります。
 スポーツや風などでバしるのではないかと恐れ、外出や運動などを控えるようになってしまうことです。友人・知人たちと温泉に行き、お風目に入る楽しみもなくなってしまいました。
また、頭皮の蒸れは深刻な結果をもたらすことがあります。暑い夏だけではなく、湿気の多い梅雨時や暖房の効いた冬の室内でも、カツラと頭皮の間は過酷な環境下におかれます。最近はカツラの品質もよくなり、汗などをかかないように配慮されたつくりになっていますがそれでも万全でほありません。カツラをかぶり続けることで、残った部分の髪の毛にダメージを与えてより薄毛を促進させてしまうこともあるのです。
薄毛対策としてカツラは非常に簡単な方法で、見た目が変わることから薄毛に悩まされてきた人にとっては有効な手段といえるでしょう。しかし、根本的な解決にはならないのです。それどころか、前述したようなストレスや、いつかはバしるのではないかという不安感を抱えながら生活することを余儀なくされてしまうのです。

-薄毛治療

Copyright© AGAリサーチ , 2018 AllRights Reserved.