薄毛・AGAの治療情報サイト

AGAリサーチ

薄毛治療

育毛シャンプーや薄毛サロンは頭皮のマッサージ効果しかない

更新日:

抜け毛や薄毛に悩んでいる男性は、本格的な薄毛治療を行うよりも前に、ドラッグストアなどで手軽に購入できる発毛剤・育毛剤・養毛剤、あるいは育青毛シヤンプーを使うことが多いようです。

 

これらの製品は、使っていればあたかも「発毛」「育毛」が可能なように宣伝していますが、科学的根拠はないということをしっかりと覚えておいてください。

最近では、簡単にネットランキングなどで評判や効果を比較検討しやすくなっていますが、効果は疑問です。いや、医師の立場から断言すると、まず市販されている発毛剤や育毛剤、養毛剤は、なんの効果もなく薄毛対策として期待できないものと思って間違いありません。

ただし、「フィナステリド」という成分の入った飲み薬か、「ミノキシジル」という成分が配合されている塗り薬は、AGAに悩んでいる人にはかなりの効果が期待できます。

o育毛剤の宣伝文句にだまされるな
みなさんは発毛剤、育毛剤、養毛剤という言葉からどのようなイメージを受けるでしょうか。薄くなった頭部にこれらの発毛剤や育毛剤を塗ることで、髪の毛がフサブサと生えてくるといったものでしょうか。確かに、発毛剤や育毛剤の宣伝文句やキャッチコピーには

「すぐに効果が実感できる!」とか「使った人の喜びの声を紹介!」と、迷っている消費者の背中を押すような美辞麗句が並んでいます。薄毛をコンプレックスに感じている人は、おそらく何度もそういった言葉につられて育毛剤を購入しているはずです。

ところが、効果が全く実感できなくても、「こんどの商品はいままでのとは違うかもしれない」という淡い期待、一縷の望みをかけています。販売する側は、薄毛というコンプレックスをもつ人のそういった「弱み」につけこんでくるのです。
しかし、本当に髪の毛がなくなったり、薄くなったところから、髪の毛がニョキニョキと生えてくるのでしょうか? 実際はそんなことはありません。

 

o「医薬部外品」とか「薬用」とはなんのこと?
発毛剤や青毛剤の多くほ、「医薬部外品」とか「薬用」などと書かれています。これらは、どのようなものなのでしょうか。
一般的なスキンケア用品は薬事法「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。
「医薬品」は、病気の治療を目的として医師による処方の下で投与される薬で、臨床試験を経て病気の治療や改善する効果が認められているもの。配合成分やその分量、1回の使用量、使い方などが決められており、効果や安全性、副作用を厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものと規定されています。
一方、「医薬部外品」は医薬品よりも効果が緩やかなもので、厚生労働省が許可した効用のある成分が一定の濃度で配合されてはいるものの、医薬品と違って病気の治療効果は認められないものです。つまり、ほとんどの育毛剤は医薬部外品ですが、髪の毛が生える効果は保証できませんよというものです。さらに「厚生労働省認可」と明記した育毛剤があります。厚労省が認可した薬用成分が入ってはいますが、必ずしも髪の毛が生えることを保証したものではないのです。これらの違いをしっかりと覚えておくとよいでしょう。

また、医薬部外品には粗悪な製品もかなり多いので気をつけてください。頭皮の血行促進、毛母細胞の活性化など根拠のない育毛効果を謳い、適当な成分構成で製品化しているものもあるのです。知識のない人にとっては、それらしい効能を見ると効果があるに違いないと思ってしまいがちですが、決してそんなことほありません。注意が必要です。

「化粧品」とは、医薬部外品と比較してもさらに効能や効果が緩やかで、清潔にする、美化する、魅力を増す、髪の毛を健やかに保つなどの目的で使用される毛髪ケアを目的とした製品です。

さらに「薬用」と謳っている育毛剤がありますが、これも医薬部品の育毛剤のことです。すなわち、育毛剤は医薬部外品に分類されるものが多いのですが、なかには有効成分が少ないため医薬部外品とならずに単なる化粧品にしかならないものがあります。このようなものと区別するため、医薬部外品に認定された育毛剤を特に「薬用」とつけているだけです。

o育毛シャンプーに惑わされない
薄毛に悩む人にとって、普通のシャンプーを使わうよりも「育毛シャンプー」「青毛コンディショナー」のほうが効果があるかもしれない、育毛剤は高いけど、育毛シャンプーならそこそこ買える範囲だし。そういった理由で育毛シャンプーを手にとって使っていませんか。
育毛シヤンプーとは、「医薬部外品」として厚生労働省の認可を得たものです。普通のシャンプーは「化粧品」に分類されています。ただし、前述したように、医薬部外品とは厚生労働省が認可した育毛に有効とされる成分が一定量配合されているもののことですが、数多くある育毛剤と同じように「育毛シャンプー」を使えば、髪の毛が生えるということを保証しているわけではありません。
普通のシャンプーでも、「髪の毛にツヤを与える」「フケやかゆみを抑える」などの広吉表現が可能です。スキンケアの化粧品と同じように、「肌に潤いを与える」といったものと同等の成分が入っているのです。それに対して、医薬部外品の育毛シャンプーは、成分に育毛効果があるものが配合されているとはいえ、広告表現上では「フケやかゆみを防ぐ」「毛髪・頭皮の汚れやにおいを防ぐ」「頭皮を清潔にする」などです。「フケやかゆみを抑える」が「フケやかゆみを防ぐ」になった程度で、その効果にはほとんど差がないといってもよいでしょう。

育毛シャンプーは薄毛対策にはなんの効果もありません。シャンプーはあくまでもシャンプーでしかなく、髪の汚れをとったり、フケの発生を抑えるのに役に立つだけなのです。
また、通常のシャンプーよりも割高な育毛シヤンプーを使うほうが、薄くなった髪の毛に良さそうだからということもありません。また、「薬用シャンプー」も、なにか髪の毛に良さそうな響きを与えますが、これも青毛シャンプーと同じものを言い換えているだけです。

O頭皮マッサージは効果があるの?
発毛シャンプーや発毛剤の広告には必ずといってよいほど、頭皮マッサージの効能や方法が調われています。頭をもみほぐす方法はそれこそ枚挙にいとまがないほど多種多様で、インターネットでもさまざまなやり方が出ています。
ところで、頭皮マッサージには、どの程度効果があるものなのでしょうか。

頭皮をマッサージで刺敬することで、血行がよくなり頭皮全体に栄養が行きわたるようになります。さらに、毎日の生活でどうしても毛穴は老廃物で詰まってしまい、そのため発毛を促す毛乳頭の働きが弱くなり、これが薄毛や抜け毛の原因となるのです。頭皮マッサージによって新陳代謝が活発化し、老廃物がとり除かれ毛乳頭が活発に働いて、毛母細胞が新たにつくられることが大いに期待できる これが、頭皮マッサージがなんとなく効果があるかもしれないと思えるゆえんです。
しかし、頭皮マッサージで山行をよくするといっても、血管は全身につながっているので頭皮だけをマッサージしても効果は出ません。たとえ、血行がよくなったからといっても、それは一時的なもので、すぐに血行は元どおりになってしまいます。

さらに、頭皮は敏感で、むやみに指先でマッサージすると指や手先についている細菌が頭皮に付着してしまいます。それが原因となって薄毛や抜け毛につながることも可能性としてあります。強いマッサージをすることで、頭皮の毛細血管がダメージを受ける危険性もあるのです。
やさしくもみほぐすように、ていねいにマッサージを続けていると、固くなっていた頭皮が柔らかくなることは事実です。頭皮が柔らかくなると、血行がよくなっている実感があり固いときよりも髪の毛が抜けにくくなります。
しかし、薄毛をマッサージで改善することほありません。

oヘッドスパはストレスの解消に役立つだけ
頭皮マツサージを美容院や理容院などで行うようにしたものの一つにへッドスパがあります。いわゆる温水シヤワーを利用したもので、リラツクスできストレスの軽減に役立つことから、最近はエステサロンや発毛サロンでも行うところが増え、ヘッドスパ専門店もお目見えするようになりました。また、自宅で行えるへッドスパ感覚の頭皮マッサージ器も販売されています。
さらに、次のようなへッドスパのメニューがあります。

炭酸ヘッドスパ
炭酸水を利用して、頭皮や毛人、毛髪に付着する皮脂や汚れを取り除きます。

ハニーパックスパ
ハチミツを配合した薬用の頭皮パックを含めたへッドスパです。

オイルヘッドスパ
オリーブオイルやホホバオイル、椿油などを活用して、毛髪の乾燥をオイルの高い保湿力で防ぐというものです。
アロマヘッドスパ
天然植物のアロマ精油を使ったへッドスパです。自分の好みのアロマオイルを選んでリラックス効果を高めます。
ヘナ・ヘッドスパ
ヘナという植物の葉を乾燥させ粉末にした染料をオイルなどと一緒に髪の毛にトリートメントするへッドスパです。
シロダーラマ
インド伝統的医学アーユルヴェーダ・シロダーの考えに基づいて、体温よりほんの少し高めのオイルを頭部に垂らし続けるへッドスパです。
クリームバス
インドネシアのへッドマッサージで、自分の好みのオイルを使って髪の毛と頭皮をマッサージするへッドスパです。

スカルプヘッドスパ
スカルプとは頭皮、いわゆる頭の地肌という意味で、頭皮の毛穴の汚れと詰まりをとることを目的としたへッドスパです。
頭蓋骨矯正ヘッドスパ
わずかなずれが生じている頭蓋骨のつなぎ目をマッサージなどで整えることで、頭皮や髪の毛の環境を改善するものです。
超音波ヘッドスパ
超音波の振動によって毛根に詰まった汚れを分解し、髪の毛や頭皮環境を整えます。

パキュームシステム

毛穴の汚れなどを根こそぎ吸い出すもので、薬剤やマッサージののちにキャップをかぶり、キヤップ内の空気を抜いていきながら同時に毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせて頭皮環境を整えるスパです。

一例をあげただけですが、新しいへッドスパが次から次へと生まれています。確かに、リラックス効果はあるでしょうが、頭皮マッサージと同じで、医学的にはなんの根拠もなく、薄毛が改善したり、毛が生えてくることはありません。

o育毛サプリメントでは毛が生えない
サプリメントがブームといってよいほど、さまざまな種類のものが売られています。疲労回復のみならず、腰痛などの痛み軽減、栄養素の補給、医療的な効果を嘔ったものなど、ドラッグストアやネット通販では、あらゆるものがサプリメントとして登場しています。そして、当然のことながら、「育毛サプリ」も堂々と売られています。

調い文句として、「育毛サプリは決められた分量を飲むだけなので、簡単に育毛対策を始めることができる。育毛剤や育毛シャンプーは、ある程度時間をかけて育毛のケアをしなければならないが、育毛サプリだと、飲むだけ! どんな人にもオススズ」というものです。また、育毛剤などと違って使っていることがバレにくいので、外出先でもどこでも安心して飲むことができるとしています。

多くの育毛サプリに含まれるもののなかで代表的なのはノコギリヤシですが、これは、
脱毛を引き起こすリダクターゼという還元酵素を抑制する効果があります。ヘアサイクルを乱すジヒドロテストステロン(DHT)の働きを弱めるとされている酵素です。また、亜鉛も多く含まれる成分ですが、これは、毛髪の成分のケラチンを合成する働きがあり摂取することで育毛が期待できます。
このほかにも、唐辛子類に含まれるカプサイシンもありましたが、最近では副作用があることから成分から除外される傾向にあるようです。
さて、いいことづくめに思える育毛サプリですが、はたして薄毛に効果があるのでしょうか、ほんとうに髪の毛が生えてくるのでしょうか。
医者の立場からすると、育毛サプリには髪の毛が生えてくるという「効果は全くない」と断言できます。ノコギリヤシに含まれる成分や亜鉛などは医薬部外品の育毛剤などにも含まれるもので、薄毛に対する改善効果は期待できないことはすでに説明しました。

さらに、サプリに人っている成分は、ほとんどが普通の食物からも摂取可能で、日ごろからバ
ランスのよい食事を心がけていれば、それで十分に間に合うものばかりです。

育毛サービスで毛は生えるのか
ネットで「薄毛」や「ハゲ」をキーワードに検索すると、「発毛サロン」や「増毛サロン」「青毛サービス」のバナー広告や関連サイトがずら1つと並。「サロン」と聞くと、診療室のようなところで、白衣を着た専門家が薄毛対策を施し、何回か通えば髪が生えてくる そういったイメージをもつでしょう。

発毛サロンや育毛サロンなどでは、実際にどのような方法をとっているのでしょうか。
多いのが、薄毛の部分を拡大鏡で見ながら一見せながら「このままなら薄毛はどんどん進行してしまいますよ」と恐怖をあおり、マッサージやシャンプー、育毛剤を売りつけるスタイルです。頭皮マツサージや、さまざまなヘッドスパを施術として勧める商法といってよいかもしれません。
「サロン」では医療行為はできません。相談にのったり施術を勧めるのほ、白衣を着ていても医師ではないのです。まず、サロンに行ってみようと思ったら、そこに医師がいるかどうか確認してください。実は「専門の医師が管理」「医療クリニック」とあっても、必ずしも医師が診るわけではありません。医師が常駐し、きちんと診療行為を行っていることを確かめることが重要になります。そして、発毛サロン、育毛サロンが問題になるのは、効果がないぱかりか不当に高い料金をとられることです。
私たち国民の生活上で起こる問題の解決を支えている国民生活センターは、個人では泣き寝入りを余儀なくされるような難しい問題についても、心強いサポートをしてくれる独立行政法人です。ここにはさまざまな生活相談や業者への苦情などが寄せられますが、なかでも近年増えているのが「育毛サービス」についてです。

詐欺作数は、年間で約700件に及び、社会的な問題の一つとなっています。相談しないであきらめているケースは700件の何倍も何十倍にも上っているでしょう。大手サロンなどの利用割合が多い年代は20代です。いわゆるヤング世代にもかかわらず抜け毛症状が現れると焦ってなんとかしなけれぼと、すがる思いでサロンの門を叩いてしまうのです。
そこで言われるままの高額な投資をして悪質なサービスの被害にあったケースや、症状に関する知識やサービス内容の確認を怠り、イメージしていた効果を得られないという事態などがおこっています。

o国民生活センターに寄せられたトラプル事何

国民生活センターのホームページには次のような相談事例が掲載されています。

「確実に治る」と説明されて、育毛サービス(65方円)を契約し、クレジツト(60回払い)で
払うことにした。しかし、理髪店に行ったときに、理容部員に「髪は太くならない」と言わ
れ、このまま長く続けるとお金だけがかかり効果はなさそうなので解約したいと思った。
24回(1カ月に2回ずつの1年間一施術を行うことになっていたが、そのうち2回だけサーピスを受けた後に解約を申し出ると、育毛サービスやへアケアサービスの料金の25%に当たる30万円を解約金として支払うように言われた。解約金が高額である。(20歳代 男性 給与生活者)
大手サービスでは、契約期間がある程度長期間になる傾向があり、長い間には病気、けが、転居等の理由でサービスを受けられなくなることもあります。こうした場合、消費者が解約を申し出ても「すぐ解約に応じない」「解約料が高額だ」という苦情が寄せられています。
育毛サービスと似たような業種であるエステティックサービスには、特定商取引法で規制が設けられています。中途解約時の支払額の上限が定められているのですが、育毛サービスには法的規制はありません。
そのため、業界団体の日本毛髪業協議会が自主基準を定めています。契約した業者が当該協議会の加盟業者であれば、自主基準が適用されることになっているのです。この自主基準には、クーリング・オフ制度や中途解約などが盛り込まれ、「確実に治る」とか「このままでは抜け毛がますます進行する」などといった表現で契約したりすると、契約の取り消しができるとされていますが、実際問題として個別な事例に適用できるかどうかははなはだ疑問です。
さらに、育毛サロンが関連した主な事例としては、以下のようなものがあります。
・医学的根拠がないにもかかわらず「脱毛症」などと診断する。
・医学的根拠がないにもかかわらず「必ず髪の毛は元どおりになる」「フサブサになる」などと言って勧誘し、高額なサービスの契約をする。
・回復が一向に見られない。
・悪質な施術によって頭皮を傷める。

・ヘアケア商品を次々と勧められ、断ることができないような雰囲気にさせる。
・施術は長期間の契約になり、中途で解約すると、高額な解約料や違約金をとられるケースがある。

育毛サロンや発毛サロンなどでサービスを受けたいと思つているとしたら、ちよつと立ち止まつてここに書いてあることを思い出してください。

-薄毛治療

Copyright© AGAリサーチ , 2018 AllRights Reserved.